ホーム>アズマヤブログ>イームズ シェルサイドチェアに座ってみた
アズマヤブログ

イームズ シェルサイドチェアに座ってみた

みなさんこんにちは!WEB担当の小林です。

HPの新着コーナーにもありますが、ひょんなことからイームズのシェルサイドチェア(プラスチックシェル、ワイヤーベース)が入荷しました。

2015102145530.JPG

 

有名なデザインなのでなんとなくどこかで見たことがある気がしますが、それもそのはず、店長の坂東いわく、発売以来世界中で大量に「似たような椅子」が作られているからだそうです。イームズのサイドチェアはそのオリジンということですね。イームズといえば世界的に有名なデザイナー夫妻です。

 

それにしても、デザインが良いのはわかるんですが、クリーニングしていると、シェルはやっぱりまぎれもなくプラスチックです。

特にオシャレ家具に詳しいわけでもない私は、「いくら世界的に有名でオシャレでも、所詮プラスチックの椅子じゃんね。椅子はやっぱり座り心地が良くないとねぇ。」などと別のスタッフと話しながら、いざ座ってみると…。

まぁ、なんという座り心地の良さ!!

なんと言ったらいいのでしょうか。クッション性ゼロのプラスチックですから、特に気持ちいいということはないのですが、お尻、腰、背骨にふわりと収まり、気になるところが何もないのです。体にフィットしない椅子に座るときの違和感、「座らされている」ような感覚が全くありません。

 

いやはや、さすがイームズさん。名作と呼ばれる所以はデザインだけではないんですね。おみそれしました。

 

座面裏の刻印がvitra社のものですから、少なくとも2010年以前(2010年からherman miller社が製造)のものですが、状態は良好です。この機会にオフィスや自宅にミッドセンチュリーテイストを加えてみてはいかがでしょうか?

https://www.officekagu-azumaya.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=1264

トラックバック(1)

トラックバックURL: https://www.officekagu-azumaya.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/37

  ( Herman Miller Eames Molded Fiberglass Chairs ) ミッドセンチュリー・インテリアの傑作プロダクトの復刻... 続きを読む